2015年03月23日

重症の便秘症について

  最近何人ものお年を召した方が、大便が出ないで困っていると来院されます。
 それで、今日は重症の便秘症についてお話します。

  何日も便秘をしたために肛門のすぐ上部の直腸にカチカチになった便が詰まって、
 
いくら力んでも排便できなくなります。このような症状を、医学的には「糞便栓塞」
 
といいます。
  
一生懸命力むために、痔核(イボ痔)が腫れ上がって痛みも生じてきます。
 
こうなるといくら浣腸をしたり下剤を飲んでも、便は出ません。
  
固い便を指でかき出す「摘便」しか方法がありません。そのうえで浣腸をすると
 
多量の上にたまっていた便が排出されます。
  
来院された時は苦しそうにされていた方が、楽になったと笑顔で帰っていかれます。
 
しかし、この摘便もそう簡単ではありません。このような症状の方は、肛門疾患の
 
処置に手慣れた施設を受診されることをおすすめします。
posted by 管理 at 21:25| Comment(0) | 新着情報・お知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: